Entry 職種詳細

NRIセキュアテクノロジーズ

自動車サイバーセキュリティに関するPSIRTコンサルティング(NDIAS出向)
職務内容 【配属想定組織】
NRIセキュアテクノロジーズ
NDIAS

【組織の概要】
■組織のミッション
自動車の進歩と発展が目覚ましい現代、サイバー攻撃はIT業界のみならず、自動車とその関連業界にも対象が拡大しつつあります。また、常に進化し続けるサイバー攻撃に対して、自動車業界を理解しているセキュリティ専門家集団として、モビリティ社会で暮らす全ての人々に安心と安全をお届けするために、グローバルに信頼されるセキュリティ技術とサービスを提供し続けることを目指して活動しています。

■組織構成
自動車セキュリティ事業部
※キャリア採用入社の方が多く在籍しています。

■NDIASについて
CASE時代を迎えて自動車セキュリティの重要性が増すなか、NDIASは日本の自動車業界をリードし、世界に通用する自動車セキュリティ会社を目指して、2018年12月に生まれたばかりの若い会社です。
従来のIT業界や自動車業界では馴染みがない新領域での挑戦の連続です。挑戦・失敗しながら新たな知見・ノウハウを積極的に身につけ、自身の経験を組み合わせて自動車業界向けで活躍したいという方をお待ちしています。
※本職種は、NRIグループの一員であるNRIセキュアテクノロジーズ経由でNDIASに出向していただく形になりますが、野村総合研究所と同じ待遇となります。

【募集職種の期待役割】
製品セキュリティインシデント対応体制(PSIRT)の構築と運用が強く望まれる昨今の自動車業界において、自動車の運用フェーズにおけるセキュリティコンサルティング、脆弱性情報の調査などのアナリスト支援、セキュリティ教育/訓練支援の領域を主導いただくことを期待しています。アナリスト支援では、日々の脆弱性情報の収集からトリアージ、分析、レポーティングまで幅広くご参画いただきます。

特に注力いただく領域については、面接・面談を通じてご意向や得意領域の擦り合わせを行った上で、ご相談させていただきます。入社いただいた後も、面談などを通じて、運用フェーズ以外の領域に挑戦いただくことも可能です。

【具体的な職務内容】
急速にデジタル化の進む自動車産業をサイバーセキュリティという側面から支え、安心・安全なモビリティ社会の実現に貢献していきます。顧客は自動車部品サプライヤー、完成車メーカー等になります。

■仕事内容
・セキュリティ脅威インテリジェンス
・製品セキュリティインシデント対応体制(PSIRT)のアナリストとしての支援
・製品セキュリティインシデント対応体制(PSIRT)の構築支援、教育/訓練支援 など

【携わるビジネス・サービス・テーマ】
○ホームページも併せてご覧ください。
https://ndias.jp

【仕事の魅力・やりがい・キャリアパス】
自動車は、身近な乗り物であると同時に、サイバー攻撃が人命にも影響することから、セキュアかつセーフティな開発と運用の重要性は高く、大きなやりがいを感じられるポジションです。

また、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)をキーワードに進化し続ける自動車は、多くの無線/有線のインターフェースやOS/OSSを有することから、セルラ、Wi-Fi、Bluetooth、USB、CAN、Linux、Andoridなどの多くの知識を求められます。これまでの専門性を大いに発揮できるとともに、新たな専門性を業務の中から獲得することも可能です。 
登録資格 【必須スキル・経験・資格】
下記いずれかのご経験をお持ちで、モビリティ社会の安心安全に貢献したい方
・上記「職務内容」の業務経験または同等の専門知識をお持ちの方
・IT、IoTセキュリティにおける設計開発、コンサルテーションの実務経験のある方
・IT、IoTセキュリティに関するセキュリティ評価、脆弱性調査などの実務/レポーティング経験のある方

【歓迎するスキル・経験・資格】
・ISO/SAE 21434、UN-R155・R156・R157に関する知見
・英語力(英文資料読解、英文報告書作成、海外OEMとの交渉等)
・以下の資格をお持ちの方
 −高度情報処理技術者資格、情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)資格
 −ネットワーク、サーバ、データベースに関する認定資格
 −CISA、CISM、CISSP、GIAC、等のセキュリティ関連資格
 −英語 (ビジネスレベル、目安: TOEIC 800点以上) 
待遇  この職種は、NRIグループの一員であるNRIセキュアテクノロジーズに出向の上、NDIASに再出向していただく形になりますが、野村総合研究所と同じ待遇となります。 
勤務地  東京(品川) 

職種一覧へ戻る